Blogインプラントとブリッジはどちらが長持ちするの?

歯が抜けた後の処置には入れ歯とブリッジとインプラントがあり

大抵はブリッジかインプラントで悩むケースが多いと思います。

ではどっちがいいのか、ドクターでも悩む質問にお答えします。

  • こんにちは   いぬいです。

    歯が抜けた後には、そこを補う処置が必要です。

    3つの中からどれがいいのか

  • まず1つは入れ歯です。

    一度は見たことあると思います。 1本のものからすべてを補う総入れ歯まで様々です。

    どんな症例にも使えて簡単なのですが、見た目が金属の引っ掛ける装置もみえるし、1番噛めない、異物感も大きいです。

  • 次にブリッジです。

    歯がない所の両隣の歯を削って橋渡しします。

    長所としては入れ歯と違って取り外しがなく、見た目もマシでわりとかめますが、短所は健康な歯を結構削りますし、噛み合わせによっては削った歯がダメになりやすいです。

    この2つまでは種類にもよりますが保険が効きます。

  • そして最後がインプラントです。

    骨に対して金属のネジを打ち込み、その上にネジで土台を建て、被せものをかぶせます。

    歯を削らないし、見た目も綺麗ですが、自費診療なので費用がかかるのと、術者のスキルによって可否が大きく変わるのが特徴です。

さて1本か2本の歯を失った時の選択肢はブリッジかインプラントという方が多いと思います。実際、どっちが長持ちするのか。

インプラントの方が絶対長持ちします、というのは間違いです。

もちろん様々な条件、スキルや周りの噛み合わせやメンテナンスに通うかによってまっっったく変わってきますが、ブリッジの方が長持ちする場合があります。

 

  • それは1本だけの欠損で両隣の歯の神経がいきている場合、ブリッジの方が長持ちすると言われています。

    ただし、歯を削るので歯は弱くなるし、保険の被せものであれば劣化が早いので、定期的な交換が必要となります。自費の被せものを入れるとなると、インプラント1本の値段と変わらなくなる。

    なので結果的にはインプラントを勧めることになると思います。

    補足ですがスキマが1本か2本の今回のようなケースで、インプラントを入れるお金がたまるまで入れ歯を入れますということはありだと思います。 ただしやはりあまり噛めないのと小さい入れ歯は飲み込んだりする可能性もあるためオススメはしていません。

  • 歯医者によって、スタイルは全然違います。

    ある人は歯を抜こうといえば、別の先生は絶対に残すということもざらにあります。そのあたりに関してはまた別の機会に触れさせてもらいます。

    自分以外のオススメの歯医者さんを紹介するとしても、その方との相性が大事だと思います。

    なので、自分で見極め、信頼できる先生を見つけ、委ねるというやり方が1番だと思います。

    そういう歯医者になれるよう、頑張りたいと思います。

 

 

千里山の歯医者「いぬい歯科クリニック」

〒565-0847 大阪府吹田市千里山月が丘16-1
※阪急「千里山駅」東口徒歩7分

受付時間:9:00~12:00/13:30~19:00(土 ~16:30)
最終受付:18:30(土 16:00)
休診日:木・日祝

http://www.inui-dc.jp/

06-6310-6789