• HOME > 
  • 一般治療・口腔外科

虫歯は進行すると自然治癒しない病気です

虫歯は一度進行してしまうと自然治癒しません。できるだけ初期状態で進行を抑えることが重要です。そのためにも歯に違和感を覚えたらすぐに当院へご相談ください。

できるだけ痛みを抑えて虫歯や親知らずの治療をします

Generalできるだけ痛みを抑えて虫歯や親知らずの治療をします

虫歯は身近な病気で、「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などが典型的な症状です。
虫歯は放置しても自然治癒しませんので、
できるだけ早く治療して進行を止めることがお口の健康に欠かせません。

虫歯や親知らずのお悩みがありましたら、
お早めに大阪府吹田市の千里山駅より徒歩7分の歯医者「いぬい歯科クリニック」にご相談ください。
重度の虫歯の根管治療にも対応します。

「歯がしみる・痛む」~虫歯治療~

「歯がしみる・痛む」~虫歯治療~

虫歯は、お口の中の虫歯の原因菌が糖分を分解して「酸」を出し、「酸」が歯を溶かす病気です。ごく初期段階の「脱灰(だっかい)」程度の虫歯を除いて、治療しないと進行を止められません。歯の表面を覆うエナメル質が溶かされると、その内側の象牙質を経て歯の神経にまで汚染が進みます。歯の大半が溶かされてしまうと歯を失うことにもつながるのです。

虫歯は早期発見・早期治療が大切です。当院ではできるだけ痛みを抑え、できるだけ歯を残す治療を行っていますので、「もしかして虫歯かな?」と感じときにはできるだけ早くご相談ください。

治療の痛みが苦手な方もご安心ください

治療の痛みが苦手な方もご安心ください

痛い治療は誰も受けたくありません。治療中の痛みを感じないように麻酔をしますが、その麻酔注射自体もできるだけ痛くないように工夫します。
「チクッ」と針を刺す痛みを抑えるのが「表面麻酔」のスプレーです。さらに体温近くに温めて痛みを感じにくくした麻酔液を細い注射針で注入して「圧痛」を抑えます。

できるだけ歯を削らない治療を行います

できるだけ歯を削らない治療を行います

歯はいったん削ってしまうと元には戻りません。健康な歯質はできるだけ残すのが基本です。以前は虫歯部分をすっかり除去するために少し大きめに削ることもありましたが、今では「MI(ミニマルインターベンション)」という「歯を削る量を可能なかぎり抑えて歯をできるだけ残す」という考え方が主流です。

MI治療のメリット
  • 健康な歯質を多く残せます
  • 小さな虫歯の詰め物に白い素材が使えるので見た目がきれいです
  • 金属不使用なので金属アレルギーの心配がありません
  • 保険診療での治療が可能です

神経を抜いた場合でも、痛みが出ることはあります

根管治療で神経を抜いたにも関わらず、痛みが出ることがあります。これは歯の中で細菌が増殖し、骨の中で膿を作るからです。根管治療を行う目的は歯の根の先で炎症が起こらないようにすることなので、ラバーダムやマイクロスコープなど設備の整った歯科医院で治療を受けることが大切です。

重度の虫歯治療~根管治療~

重度の虫歯治療~根管治療~

歯の中の神経にまで虫歯の汚染が進むとそのままでは抜歯を余儀なくされます。たとえ1本でも歯を失うとまわりの歯が動いてしまい、噛み合わせのバランスがくずれがちです。するとお口全体の健康が損なわれやすくなります。重度の虫歯でも、できるだけ歯を残すために行うのが「根管(こんかん)治療」です。

歯の神経を抜いて歯を残す治療です

根管治療は、細く複雑な形状の根管から神経を取り除き、根管内を洗浄・消毒してから薬剤をすき間なく詰めて密閉する処置です。その上に支台を立てて、被せ物を装着して歯の機能を補います。
根管内に少しでも細菌を残すとやがて再発するので、精密さと根気が必要な治療です。当院では専門的に根管治療に対応します。

根管治療の流れ
フロー1:神経の除去 フロー2:洗浄と薬剤充填 フロー3:密閉

フロー1:神経の除去

根管内から歯の神経や血管、汚染歯質を除去します

フロー2:洗浄と薬剤充填

根管内に細菌を残さないように洗浄・消毒し、薬剤を充填します

フロー3:密閉

細菌が入り込むすき間ができないように薬剤を充填し密閉します

親知らずには抜くべき歯と抜かなくても良い歯があります

親知らずは抜いた方が良い場合が多いですが、抜かなくても良い歯もあります。抜いた方が良い歯は、「生え方が悪い」「隣の歯を押している」など歯ミガキがしにくくなったり、歯並びに影響が出たりする歯です。反対に、「きれいに生えている」や「完全に埋まっている」状態では親知らずは抜かなくても良いことが多いです。口腔内の将来のことも考えた選択をするためにもまずはご相談ください。

歯やお口のケガの治療~口腔外科~

治療が必要なのは虫歯だけではありません。お口の中のできものや歯の破折、顎のケガ、親知らずの抜歯、炎症の対応など、さまざまな外科処置も行います。それが口腔外科です。ほとんどのトラブルに対応しますので、お口まわりの違和感に気づいたときには何でもお気軽にご相談ください。

親知らずについて

親知らずについて

28本生えそろった永久歯の奥歯のさらに奥に生える歯です。「智歯(ちし)」とも呼ばれています。上下左右で4本生える可能性があります。

親知らずについて

親知らずは誰にも必ず生えるわけではなく、必ず抜歯が必要なわけではありません。しかし痛みがあったり、汚れが溜まりやすかったり、隣の歯を押しだしたりと、まわりの歯に悪影響を与えていたりする場合には抜歯が選択されることがほとんどです。

親知らずは埋まったままの場合があり、気づかないうちに歯並びに悪影響を与えることもあります。とくに矯正治療を検討中の方はご相談ください。抜くか抜かないかも含めてまずは診断を受けましょう。

噛み合わせを改善する治療~矯正歯科治療~

歯科矯正とは?

歯科矯正とは?

歯科矯正とは、矯正装置を使って歯や顎の骨に力をかけて少しずつ歯を動かし、噛み合わせを改善したり歯並びを整えたりする治療です。

ご存知ですか? 不正咬合

不正咬合とは、歯並びが悪いこと、または上下の歯がうまく噛み合わない状態です。見た目の問題以外にも、不正咬合をそのままにしていると、次のような問題が生じます。

  • ブラッシングをしにくい
  • 虫歯のリスク上昇
  • 言葉の発音に支障が生じ、滑舌が悪くなる
  • 歯肉炎になりやすくなる
  • 口臭の原因

当院の矯正歯科治療

当院の矯正歯科治療

一般歯科医院の当院では、噛む、食べる、話すというお口や歯の働きをはじめ、虫歯や歯周病の治療、その予防や顎関節の不具合にいたるまで幅広い治療を行っています。
例えば「インプラントを行うスペースを矯正治療によって作る」というように、矯正治療とインプラントを組み合わせてお口の問題を解決することもできます。

当院ではこうした複数の治療を組み合わせて、お口や顎の将来的なトラブルも踏まえた治療が可能です。また、必要であれば矯正専門の歯科医院をご紹介して、連携しながら患者様のお口の問題解決に取り組みます。
様々な要因が複雑にからみ合うお口の問題も、千里山にある「いぬい歯科クリニック」へお気軽にご相談ください。

大人の矯正治療 ワイヤー矯正

大人の矯正治療 ワイヤー矯正

ほとんどの症例に対応できる、基本的な矯正方法です。
矯正したい歯の一つにブラケットという器具を装着して、連結させたワイヤーの力で歯を移動させて歯並びを整えます。
当院では審美性に影響する上顎には目立ちにくいセラミックブラケットを、装置が目立ちにくい下顎にはメタルブラケットを使用します。

目立ちにくいマウスピース矯正

目立ちにくいマウスピース矯正

マウスピース型の矯正装置を使って矯正を行う方法です。透明色の装置なので目立ちませんが、歯を動かせる量に制限があるため、歯並びを大幅に矯正する場合はお勧めしないこともあります。
ワイヤー矯正との大きな違いは、取り外しが自在なこと。マウスピース矯正の方がブラッシングのしやすさもメリットとして挙げられます。

マウスピース型矯正治療「インビザライン」とは

マウスピース型矯正治療「インビザライン」とは

マウスピース型矯正「インビザライン」は、米アライン・テクノロジー社に開発され、2006年に日本でも導入が開始された治療システムです。全世界の臨床データをもとにした、高い再現精度はデジタルならでは。緻密な治療計画を作成できます。
マウスピースは透明なので装着時も目立ちにくく、必要に応じて取り外しも可能です。通院頻度が一般的な矯正治療より少ないことも患者様にとってメリットです。

世界的に治療実績があるマウスピース型矯正です

世界的に治療実績があるマウスピース型矯正です

マウスピース型矯正装置「インビザライン」は透明で薄いため目立ちにくく、取り外せるので食事の邪魔にもなりません。スポーツにも影響が少なく、治療中の生活にかかるストレスが極めて少ない治療方法です。
製造工程がシステム化されており、治療計画に欠かせないアプリケーションサービスも整備されています。これらの利点から、インビザラインは世界90カ国以上の国で340万人を超える治療実績があります。千里山の「いぬい歯科クリニック」では、患者様のお口の状態に合わせた矯正治療法の一つとしてインビザラインをご提案しています。

(インビザラインは完成物薬機法の対象外となるため、医薬品作用被害救済精度の対象とはなりません。)

インビザラインのメリット
1.自由自在に取り外しできる 2.装着時に目立ちにくい
透明な素材
3.少しずつ歯を
移動させるから痛みが少ない
4.通院回数が少ない

マウスピースは1日の大半を装着する必要があります。食事やブラッシングの際に取り外せるので、矯正装置に食べ物が詰まったり、食べるものを制限されたりというストレスがありません。

薄く透明なプラスチックでつくられているマウスピースは、目立ちにくいのが特徴。他人から気づかれにくいので、治療中も人目を気にせず過ごせます。

インビザラインは治療の段階ごとにマウスピースを付け替えていきます。2週間ごとに0.25mmというわずかな距離を移動させるため、従来の矯正治療より痛みへの配慮がされています。

これまでのマウスピース治療では各段階で歯型を取っていました。一方、インビザラインは治療の開始時に治療計画を立て、マウスピースの設計をします。これにより通院回数が格段に減り、2~3ヶ月ごとの通院で治療が可能です。

インビザラインのデメリット
1.装着時間を自分で管理する 2.対応できない症状もある

適正な位置への移動には毎日20時間装着する必要があります。自由に取り外しができる一方で、つけ忘れや装着時間が不足するということがあると、後戻りや治療の遅延へとつながります。

マウスピース型矯正は、大幅に歯を移動する場合には向かない場合があります。どのような治療ができるかは、お気軽に当院へご相談ください。

気になるお口の症状はありませんか?
上顎前突 (じょうがくぜんとつ)

上顎前突 (じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」のこと。
上の前歯または歯列全体が前に突き出ている歯並びです。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる「受け口」のこと。
上顎前突とは逆に、下の前歯または歯列全体が前に突き出ている歯並びです。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

乱杭歯(らんぐいば)とも呼び、歯が重なって並んでいるため、でこぼこしています。
八重歯も叢生の一種です。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

下の前歯が上の前歯に隠れるほど覆われています。
歯肉を噛んでしまう場合や、うまく咀嚼できない場合は過蓋咬合かもしれません。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

左右片方もしくは両方の奥歯が噛み合わない歯並びです。
奥歯をずらして噛んでいるため、顎が歪んだり、うまく咀嚼できなかったりします。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯は噛み合っているのに前歯が閉じません。
上下の前歯に隙間があるため、食べ物を噛み切りにくい状態です。

「いぬい歯科クリニック」の
お知らせやお得な情報を配信中!

LINEからも予約できます。

ID検索から@inuidc

×