矯正歯科(マウスピース矯正)|吹田市千里山の歯科・歯医者

  • キッズコーナー完備
  • 訪問歯科診療

阪急千里線「千里山駅」より徒歩7分

マイクロスコープ

24hネット予約

  • 各種保険取扱い/新患・急患随時受付
  • 06-6310-6789
  • 大阪府吹田市千里山月が丘16-1【千里山駅7分】

矯正歯科(マウスピース矯正)

大阪で1番お安い費用でインビザライン・マウスピース矯正を

矯正治療

大阪府吹田市のいぬい歯科クリニックでは、大阪でも最安値レベルのお安い費用でインビザライン・マウスピース矯正治療を実施しています。口元の見た目の改善はもちろん、快適な咀嚼などの機能面もしっかり考慮し、患者さま一人ひとりに合った治療計画をご提案いたします。

大阪吹田市最安値レベルの快適なマウスピース矯正が可能!

いぬい歯科クリニックでは、地域にお住まいの方が前向きに矯正治療をご検討いただけるよう、マウスピース型矯正装置インビザラインによる全顎矯正を70万円、軽度の症例が適応となるインビザラインライトを30万円という吹田市最安値レベルでご提供しております。歯並びや咬み合わせでお悩みの方はぜひ、お気軽にご相談ください。

全顎矯正・部分矯正どちらも対応しております

いぬい歯科クリニックの矯正治療では、お口全体が治療対象となる全顎矯正をはじめ、数本の歯並びを改善する部分矯正のどちらにも対応しております。患者さまの歯並びの状態やご要望を考慮し、適切な方法をご提案します。

全体的な歯並びを改善する全顎矯正

全顎矯正

全顎矯正とは、全体的な歯並び・咬み合わせを改善する一般的な矯正治療です。咬み合わせを考慮しながら、少しずつ歯を理想の位置へ移動し、歯並びを整えていくため、年単位の治療期間が必要となります。

前歯の見た目を改善する部分矯正

部分矯正

部分矯正とは、前歯の隙間や傾きなど、主に前歯の見た目を改善するための矯正治療です。軽度の症状が対象となり、移動させる歯が1本から数本と少量ですので、全顎矯正に比べて治療期間や治療費を抑えることができます。

※全体的な歯並びや骨格の状態によっては、全顎矯正の適応となる場合があります。

いぬい歯科クリニックの大人の矯正治療で用いる装置について

いぬい歯科クリニックの大人の矯正治療では、一般的なワイヤーの矯正はもちろん、治療中の見た目に配慮した矯正装置をご用意しております。

見た目に配慮したワイヤー矯正装置

ワイヤー矯正装置

ほとんどの症例に対応できる、基本的な矯正方法です。矯正したい歯の一つひとつにブラケットという器具を装着して、連結させたワイヤーの力で歯を移動させて歯並びを整えます。当院では審美性に影響する上顎には目立ちにくいセラミックブラケット、装置が目立ちにくい下顎にはメタルブラケット、さらに目立ちにくい白いワイヤーなどを使用します。

取り外し可能なマウスピース矯正装置

マウスピース矯正装置

患者さまご自身で取り外しができるマウスピース型の矯正装置です。マウスピースは薄型で透明なため、装着時にもほとんど目立ちません。マウスピースは簡単に取り外せるので、食事や歯磨きの際もストレスを感じることはありません。

目立たない・取り外せるマウスピース型矯正装置インビザライン

インビザライン

いぬい歯科クリニックでは、目立たない・取り外せるマウスピース型矯正装置インビザラインによる歯並び・咬み合わせの改善が可能です。歯科先進国である米国のアライン社が製造するマウスピース型矯正装置インビザラインは、これまで100カ国以上で約1,100万人以上が矯正を行っています。専用のマウスピースを交換しながら、少しずつ歯を理想の位置へ移動し、歯並び・咬み合わせを改善します。

装置が目立たない

装置が目立たない

マウスピースは透明で薄型のため、装着時もほとんど目立ちません。人前に出るお仕事や周囲に知られずに歯並びを改善したい方などに大変おすすめです。

自分で取り外せる

自分で取り外せる

マウスピースは簡単に取り外せるため、食事や歯磨きも普段通り快適に行えます。特に歯磨きの際は、装置も歯も隅々まで綺麗にできるため、矯正治療中の虫歯や歯周病リスクを軽減することができます。

事前に歯の動きを確認

専用ソフトを用いたシミュレーションによって、矯正後の歯並びやどのように歯が動くのかを治療前に確認することができます。歯並びがどのように改善されるのか、事前に知れるため、不安なく治療を開始できます。

痛み・違和感などが少ない

痛み・違和感などが少ない

マウスピースは薄く、歯にフィットしているため、違和感が少なく、口腔内を傷つけることもほとんどありません。また、ゆっくりと歯を動かしていくため、歯の移動に伴う痛みなども感じにくいのが特徴です。

通院回数が少ない

通院回数が少ない

マウスピースは、1~2週間毎に患者さまご自身で新しいものに交換していただくため、歯科医院への通院は1.5~3ヶ月に1度でOKです。

金属アレルギーの心配なし

金属アレルギーの心配がない

マウスピースの素材はポリウレタン製で、金属は一切使用していないため、金属アレルギーが起こることはありません。また、金属アレルギーの方も不安なく矯正治療に取り組むことができます。

マウスピース型矯正装置インビザラインのデメリット・注意点

3Dスキャナー「iTero(アイテロ)」による快適な型取り

iTero

いぬい歯科クリニックでは、3Dスキャナー「iTero(アイテロ)」を完備しております。「iTero(アイテロ)」は、お口の中の状態を3Dデータ化できる機器です。マウスピース型矯正装置インビザラインは、そのデータを基にマウスピースを製作します。

「iTero(アイテロ)」は歯科医師が患者様のお口の中に小さなカメラを入れ、歯並びや歯の形をスキャンするだけで精密口腔内データを採取することができ、リアルタイムで歯の形や凸凹の詳細が正確に把握できます。粘土のような型取りの材料が必要ないため、嘔吐反射が強い方もオエッとなることもなく、快適な型取りが可能です。

できるだけ歯を抜かない非抜歯矯正治療に努めております

非抜歯矯正治療

歯のサイズや顎のサイズが合っていないために歯並びや咬み合わせは悪くなってしまいます。そのため、矯正治療では歯がきちんと収まるスペースを得るために健康な歯を抜くことも少なくありません。しかし、当院では天然歯をできるだけ抜かないという方針の下、必要に応じて下記の処置を併用し、非抜歯矯正治療に努めております。

※良好な治療結果が得られない場合は、抜歯をする場合もございます。

遠心移動によってスペースを確保

遠心移動

遠心移動とは、歯を今ある位置よりも奥歯側に移動させる処置です。全体的に歯を奥歯側にずらしてあげることによって、歯を綺麗に並べるために必要なスペースを確保します。矯正用のインプラントやマウスピース型矯正装置を用いて実施することが多いです。

IPR法で歯幅を縮小

IPR法

IPR法とは、歯の両端にあるエナメル質を0.2㎜~0.5mmほど削ることによって、歯幅を縮小して矯正治療に必要なスペースを確保する処置です。一つひとつの歯幅を縮小すると、顎骨に余裕ができるため、歯を抜かずに良好な矯正結果が得られる可能性が高くなります。※エナメル質の切削は健康被害のない量に留めますので、歯の寿命が縮むこともありません。

矯正治療で改善が見込める歯並びについて

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

いわゆる「出っ歯」のことです。上の前歯または歯列全体が前に突き出ている歯並びです。前歯で物を切れないこともあり、消化器官の負担が大きくなる可能性があります。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

いわゆる「受け口」のことです。上顎前突とは逆に、下の前歯または歯列全体が前に突き出ている歯並びです。見た目の問題をはじめ、咀嚼時に顎関節に負担がかかるため、顎関節症リスクが高くなります。

叢生(八重歯)

叢生(八重歯)

乱杭歯(らんぐいば)とも呼び、歯が重なって並んでいるため、でこぼこしています。八重歯も叢生の一種です。見た目の悪さをはじめ、ケアが難しいため、虫歯・歯周病リスクが高くなります。

過蓋咬合

過蓋咬合

下の前歯が上の前歯に隠れるほど覆われています。歯肉を噛んでしまう場合や、うまく咀嚼できない場合は過蓋咬合かもしれません。

開咬(前歯が咬み合わない)

開咬(前歯が咬み合わない)

奥歯は噛み合っているのに前歯が閉じません。上下の前歯に隙間があるため、食べ物を噛み切りにくい状態です。さらに、お口が乾燥しやすいため、唾液の自浄・殺菌効果が低下し、虫歯・歯周病・口臭リスクが高くなります。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

いわゆるすきっ歯のことです。歯と歯の間が大きく開いているため、見た目が悪く、さらに食べ物が挟まりやすかったり、発音に支障をきたす可能性があります。

大阪市吹田市千里山にてインビザライン矯正治療をご希望の方へ

快適な矯正治療

いぬい歯科クリニックでは、人目を気にすることなく歯並び・咬み合わせを改善していただけるよう、通常のワイヤー矯正はもちろん、審美性に配慮したマウスピース矯正装置(インビザライン)などもご用意しております。また、診査・診断をしっかり行い、できる限り非抜歯での矯正を心がけております。吹田市千里山にて目立たない快適な矯正治療をご希望の方ぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る