入れ歯の裏打ちとは?その効果は?|吹田市千里山の歯科・歯医者

  • キッズコーナー完備
  • 訪問歯科診療

阪急千里線「千里山駅」より徒歩7分

マイクロスコープ

24hネット予約

  • 各種保険取扱い/新患・急患随時受付
  • 06-6310-6789
  • 大阪府吹田市千里山月が丘16-1【千里山駅7分】

入れ歯の裏打ちとは?その効果は?

投稿日:2024年6月7日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは いぬい歯科クリニック 院長の乾です。

本日は入れ歯について、よく裏打ちをさせてもらうのですが裏打ちってなに?ということについて説明していきます。

 

裏打ちってなに?

 

裏打ちとは入れ歯の裏側に柔らかい素材を敷きます。

 

入れ歯でお困りのかたへ:東京の早川歯科医院は入れ歯専門歯科医院、インプラント無しでピッタリ入れ歯,どんなに難しい入れ歯にも対応いたします。

 

柔らかいティッシュコンディショナーと固いリベース材があります。

 

モリタ】ティッシュコンディショナーCPC - 義歯床用短期弾性裏装材|歯科情報ポータルサイト デンタルプラザ

 

 

どのような時にやるの?

 

入れ歯の内面に行うクッションなので歯茎が痩せてきて入れ歯と歯茎が合わなくなってきた時に行います。

柔らかいものは痛みが出た時などにも有効で、時間をかけてゆっくり硬くなっていくので使っていく上で形が決まっていくので新しい入れ歯作りの際の参考するために使います。

固いものはできた隙間をしっかり埋めることにより適合をあげ安定を図ります。

 

どのような効果があるの?

 

隙間があったものがなくなり適合が良くなるので合わなくなった入れ歯をしっかり使えるようになります。

ただ気をつけて欲しいのは市販の入れ歯の安定剤を使うのはやめましょう!

裏打ちにて調整を行い使えるようにしてください。

注意するポイント

 

柔らかい裏打ち材は材料をしいた後は柔らかく剥がれやすいのでしばらくは粘膜面はゴシゴシ擦らないようにしましょう。

 

入れ歯のお悩みについて | 東京都台東区浅草の総入れ歯|東京『総入れ歯専門サイト』

 

固い裏打ち材は新しく入れ歯を作った時のような靴ずれのような痛みが出てきやすいので、痛みが出たら歯医者さんにて調整しましょう!

痛いからといってずっと外していると歯医者さんは調整ができないので、少なくとも予約の前日は頑張ってつけましょう!

歯がすり減ったり、大きさや噛み合わせの面など消耗品なのでそれでも使いにくい場合は作り替えましょう!  では!

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る